ポジティブになれる風俗

何かあれば自分も風俗かな

困った時とか辛い時。あとはイライラした時なんかもそうですけど、自分の中でいろいろな気持ちになることもあるじゃないですか。そんな時には風俗が一番ですね。風俗に行くと、それだけで自分の気持ちが全く変わったものになるんです。それが楽しいしありがたいというか、嬉しい部分も出てくるんですよね。だから風俗では自分でいろいろなことを楽しむよう心がけています。例えば、つらい時には優しい子にしたり、イライラしている時にはソープにしたり。発散したいって時には風俗嬢のテクニックを受けるだけじゃなく、自分から積極的に仕掛けられるソープの方が合っているような気がするんですよね。(笑)後、欲求不満の時には何気にピンサロがいいですね。ピンサロの女の子ってかなり積極的に楽しませてくれるので、欲求不満の時にはピンサロで抜いてもらうと、女の子がここまで頑張ってくれているってことで、男のプライドまで満たされるんですよ。だからピンサロ、おすすめですね。

いつものパターンが楽しい

風俗はいつものパターンを楽しんでいます。あまり冒険するようなこともなく、いつものパターンを楽しんでいるんですけど、自分としてはそれで充分かなって思っています。確かに男としては好奇心がないと言えば嘘になります。性的な、対女性への好奇心がない男の方が珍しいと思うんですよ。でも、そうは言ってもやっぱりいつも通りのパターンもそれはそれで楽しいんですよね。だから風俗ではいつものパターンでも十分なんです。むしろいつも通りの定番のパターンがそれはそれでとても楽しい分、好奇心よりも安定感で良いかなって思っています。ただ、お店は同じでも女の子は変えていますので、決して完全な予定調和って程ではないんですよ(笑)いろいろと工夫しつつ楽しませてもらっていますので、マンネリ感はほとんどありません。女の子が違うってだけでも、同じパターンではあってもやっぱりそこは微妙に違ってくる部分だと思いますので、案外重要かなって。